プロフィール

  • 記事投稿者
    るみぽん(東京都在住のぐうたら主婦)
  • 家族
    旦那、猫7匹(スコティッシュフォールド4匹とブリティッシュショートヘア3匹)
  • 好きなこと
    登山→温泉→ご褒美のビール、旅客機鑑賞、エアーバンド、いろいろな国の音楽探し
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

World Vision

JAVA

今、心に響く言葉

  • 傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす(イザヤ書)
  • 神のなさることは、すべて時にかなって美しい(伝道書)
  • 主は言われる。わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。(エレミア書)
  • 恐れるな。 わたしはあなたとともにいる。 たじろぐな。 わたしがあなたの神だから。 わたしはあなたを強め、 あなたを助け、 わたしの義の右の手で、 あなたを守る。 (イザヤ書)

メッセージはこちらへ☆

  • コメント欄を閉じているときは、こちらにメッセージいただけると嬉しいです♪
無料ブログはココログ

2018年7月13日 (金)

やっぱりおっさんは・・・

暑い・・・

今からこんなに暑いなんて、8月はどうなっちゃうんだろう。

でも、どんなに暑くても、このふたりはべったりです。

おっさんとボスの恋(?)は始まったばかりcoldsweats01

Dsc_13401_2


今日の昼、こっそりおやつを食べようと思ったところ、ピエールがやってきましたhappy01

Dsc_12791

ピーが食べられるものではないのにな・・・

Dsc_12781

 

落ち着いて食べたかったけど、ピーが妨害するので、スタンディングで食べました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

レバノンで人気の歌手Hiba Tawajiです。

映画を観ているような感じで見れる動画です。やや不自然なところもあるけどsmile

撮影地はどこだろう?

海沿いのドライブシーン、海は地中海だと勝手に思い込んでいますnote

車はこちらでは見たことがないようなおしゃれな感じです。

きっと脳内旅行できますgood

2018年6月30日 (土)

燕岳でテント泊②

翌朝、4時半くらいです。

晴れてます。

109
ご来光をじっくりと眺めます。

110

まだ眠りの中にある山々をそっと起こすかのように、雲の布団がゆっくりと

はがれていきます。

この雄大で穏やかな景色を心の写真機に焼き付けるために身動きもせずに

じーっと眺めていたら、なんと突然「おはよう!」と目を覚ました山が。

浅間山です。

静かな噴煙をあげて「僕、一番起きだよ!」って密かに得意気になっているような

気がします。

遠くから眺めてるからかもしれないけど、可愛い主張に見えます。

111

朝陽が顔を出すと、先輩が手を合わせていました。

初詣っぽい(笑)

1111

他の人たちも感動のため息をもらしていました。

1112

二度と同じ瞬間はありません。

1113

槍ヶ岳にも朝陽が当たり始めました。

1114_2

槍にズームイン!

モルゲンロートです。

112

燕岳方面はまだちょっと暗いかな。

113

そしてまた槍を眺めると、先ほどよりもさらに明るくなってきました。

114

朝陽が登りきる前の美しい景色、何枚も写真を撮りました。

115

すべての山々が眠りから覚めて、完全に朝を迎えました。

槍ヶ岳は多くの登山者を迎え入れる準備を整えたようです。

116

私たちは、朝ごはん前に燕岳に登ることにしました。

往復で1時間くらいです。

117

白砂ビーチのような登山道、のんびりと散歩気分です。

海の中からジャンプするイルカのように見えます。

イルカ岩として知られています。

118

コマクサも咲き始めました。

119

岩がハクサンイチゲのブーケを抱えています。

1191

燕岳山頂から北燕岳方面

120

そして、何度も見てしまう槍ヶ岳

121

わかりにくいかもしれませんが、裏銀座コースの山々に雲の影が映っています。

122
燕岳からテン場に戻ってきてモーニングコーヒー。

インスタントだけど贅沢な味わいがします。

123
テントで朝ごはんを食べたあとは、のんびりとテントを撤収。

名残惜しいけど下山します。

124

槍ヶ岳方面を何度も見上げながら、「バイバイ、また来るからね!」と挨拶。

125

樹林帯まで下りてきたらブヨの襲撃を避けるためにハイペースで歩いたので、

テン場から2時間半くらいで中房温泉にゴールしました。


今回のテント泊登山は、雨の中の特訓登山になるかと覚悟していたのですが、

晴れてくれてよかったです。

ただ私の顔中がブヨに刺されて大変でした。

目が腫れて別人のような顔になり、鏡を見るたびに爆笑してしまいました。

今は腫れがひいたけど、まだ痒みが少し残っています。

この時期は虫対策を忘れてはいけません。


私たち夫婦は、もう北アルプスは卒業しようかと考えていたのですが、

この景色を見てしまったら、まだまだ卒業するのはもったいない!

北アルプス、やっぱり続けることにします。


最後に中房温泉で汗を流し、お昼ごはんは大好きな『ハンジロー』で。

ハンジローは数年前に鹿島槍ヶ岳の帰りに寄ったスープカレーのお店です。

私たちは野菜カレー

126

先輩はお肉がはいったカレー

1261
いつ食べてもここのスープカレーは間違いなし!

人気があるせいかお店はいつも混んでいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

燕岳山頂からのパノラマビューです。

先輩と私のうるさい会話を消すために音楽を取り込んでいます。

2018年6月29日 (金)

燕岳でテント泊①

6月23日(土)~24日(日)、北アルプスの表銀座コースで有名な燕岳(2763m)に

行ってきました。

音楽系サークル時代の先輩を隊長としてのテント泊です。

先輩の荷物は18㎏、旦那は15㎏くらい、私は14㎏くらい。

荷物を軽くしようと思ったけど、今回はどしゃぶりの中のテント泊の可能性があったので、

いろんなグッズを詰め込みすぎてしまいました。

北アルプス三大急登と呼ばれている坂、重い荷物ではさすがにきついです。

100
途中で中学生の団体100人くらいとすれ違いました。

中学生たちは私たちが登ってくるのを待っていてくれるのですが、

待たれると早く登らなくちゃと焦ってしまい、すっかりペースが乱れてしまいました。

それでも途中から槍ヶ岳がババーンと見えてくると嬉しくて元気になります。

101

登り始めは曇りでしたが、段々と天気があやしくなってきました。

雨が降りだしてきました。

気持ちばかり焦りますが、ついに心臓も足も疲れきってしまい、なかなか進めません。


102

それでも、やっとの思いで稜線上に出ると、雨は一時的にやんでくれました。

登りに4時間半くらいかかったかな。

燕山荘で受付を済ませ、テントを設置します。

テント場は雪上です。

黄色いテントが私たちのテントです。

このテントは先輩が新しく買ったばかりのものです。

私たちも一緒に泊まれるようにと3人用にしてくれました。

この時の写真は、私がテントの中から出て、燕山荘の中で飲む生ビールに思いを馳せて

いる瞬間です。

1021

テントの設置が終わってから燕山荘でランチ&生ビールタイムhappy02

なぜ苦しい思いをして山に登るのか・・・

やっぱりこの生ビールを飲むためsign02

103

ビーフシチューも美味しいsign03

104

また雨が降りそうになってきました。

もう槍ヶ岳は雲の中です。

まだ燕岳が見えてます。

1022

雨がポツポツと降り出してきたので、テントに戻り、テントの中で登山地図を広げて

山への想いを熱く語りながら缶ビールやワインを飲み、

そしていつのまにかみんなでお昼寝タイムsmile

雨音が子守歌になっていました。


夕方になると雨が止みました。

外に出てみると、晴れてはいなかったけど、下界から登ってくる雲が幻想的でした。


私たちのテント場を燕山荘付近から眺めてみました。

すごい場所です。雪が崩れても大丈夫なのか心配な場所に見えてしまいます。


105


106


山小屋の中の人たちも外に出てきて、刻々と変化する雲の景色を感動しながら

眺めていました。

太陽の光が当たる遠くの場所を見つめながら、天気が回復するのを願いました。

1061

虹です。

晴れること間違いなしと確信しました。

107

暮れ行くにつれて、どんどん冷え込んできました。


108

山や空を雲が覆い、オレンジ色の夕暮れの景色は見れそうになかったので、

さっさとテントにはいり、夕食の宴会を始め、そしていつの間にか、みんな寝ていました。

この時の子守歌は他のテントから聞こえるイビキの大合唱ですsmile

続きは→燕岳でテント泊②

             

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年6月16日 (土)

うちのおっさんずラブ

うちのにゃんこ軍団のリーダー、にぃに。

うちの若造たちと違いお疲れモードで壁にもたれて座ってることが多いので、

だいぶ前から「おっさん」と呼ぶようになった。

もちろん病院での登録名は「にぃに」だけど、うちではほとんど「おっさん」と声をかける。

「おっさん!」と呼ぶと、別の部屋にいたとしてもすっ飛んでやってくるのだから

かなりこの呼び名は定着していると思う。

0075000112_2

そんなおっさんが率先して「おっさんずラブ」を演じてくれたhappy01

Dsc_13501

おっさんがしつこく迫るので、左のボスは嫌そうにしているけど

Dsc_13511

おっさんは諦めない。

Dsc_13521

おっさんが黒澤部長で、ボスははるたんsign02

Dsc_13531
ドラマは終わっちゃったけど、うちではまだまだ「おっさんずラブ」は続きそうsmile

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アマチュア無線の話です。

5月に開設したものの、すんなりと交信ができるレベルには達していませんcoldsweats01

交信にはお決まりのフレーズがあり、入門者はまずはそれだけを話せれば充分だと

思うのですが、それが意外と難しいのです。普通の会話ならいいのですが、相手から

専門用語を多く使われると、私の頭はパニくりそうなんです。

旦那は私みたいにビビり屋ではないので、既に何度か交信にチャレンジして、いきなり

コンテストの交信に応じてました。

でもコンテストの交信はチャッチャとこなしてあげないといけないので、旦那は焦るあまり

自分のコールサインを間違えて伝えそうになってましたsmile

それでもチャレンジできるところはすごいです。

(山での旦那は情けない姿しか思い浮かばないのにな~)

私はこのままだといつになっても交信デビューができないとあれこれと悩んでいたところ、

旦那の会社の大先輩が無線歴49年の大ベテランで、国内の交信はもちろん今は海外と

の交信やモールス交信までもお茶の子さいさいで楽しまれているとのことがわかりました。

その大先輩は、スマホ時代の現代はアマチュア無線人口が減りつつあるのを嘆いていた

ので、私たちが夫婦で資格を取りこれから趣味にしようとしていることを知った時に大変

喜んでくれたそうで、ついには私たちの師匠になってくれることになりました!

そんなわけで、昨晩初めて交信の相手となってくれました。

私は事前に話す内容をノートに書いておいたのに、いろいろな人が聞いてる

かもしれない電波に自分の声が乗ることを想像したら、ガチガチに緊張してしまい、

ちゃんと伝えるべきことを伝えられなかったです。

まだまだこんな感じですが、大先輩や通ってる無線屋さんのご指導のもとに、

恐れずに交信にチャレンジできるようになりたいです(*^-^)

2018年6月 2日 (土)

小諸付近で登山②~黒斑山~

さあ、いよいよ黒斑山へ!

黒斑山は浅間山の外輪山です。

Dscn21831

浅間山といえば、噴火警戒されている山です。

下の地図には出ていませんが、すぐ右側が浅間山です。


高峰高原ホテル近くの駐車場に5時頃着いたのですが登山者たちの車が結構多く

停まっていました。

登りはそんなに急なところもなく楽勝、旦那が文句ひとつ言わないくらいです。

1時間半くらい登れば、この景色sign03

浅間山はずいぶんと柔らかく大人しい表情を見せている山ですが、

こういう山が怒って噴火すると、とてつもなく恐いものなんだろうな。

今は自分たちが登る山の方が険しい顔つきに見えます。

Dscn21951

稜線上のてんっぺんに登ると、写真では伝えきれない迫力のある景色。

私は「ワンダホ~!」と「ダイナミック!」の連呼。

まさか近くの岩の裏におっちゃん達が休憩しているとは知らなかったので、

「ダイナミック」を五輪プレゼン時の猪瀬直樹風に何度も何度も大声で言っていたのを

聞かれて笑われてしまいましたsmile

Dscn22051

険しい山の荒々しい肌が、生まれたばかりの大地を想わせます。

Dscn2225_2

外輪山の縦走コースから見下ろすと、広々とした緑の草原。

今にも噴煙をあげそうな不気味な様相の浅間山とは対照的な景色。

人間がはいってはいけないような神秘的な雰囲気です。


Dscn22361


Dscn2238

黒斑山を過ぎて仙人岳へ向かいます。

さえぎるものがない稜線の上では風が強くなると体が流されそうになります。


Dscn22501

ザレ場を過ぎればあと少しで仙人岳


Dscn2270_2

そして仙人岳に登りきると・・・


さきほどまで大人しく眠っていた浅間山が・・・

Dscn2277_2

噴煙をあげてましたsign03

まるで私たちの到着を待っていたかのようなタイミングでの噴煙。



Dscn2278
浅間山の噴煙はしょっちゅうあがっているので慌てることはなかったですが、

噴火したとしたら、この場所も危ないのだろうか・・・

ちょっと恐くなりました。


本当は仙人岳の先のJバンドまで行きたかったのですが、Jバンドは

浅間山に近づくので、臆病者の私たちは仙人岳でさっさと退散しました。

入山規制がされているわけではありません。

勇気が出たら次回はJバンドまで行ってみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

«小諸付近で登山①~篭ノ登山~

我が家のにゃんこ達

  • ❤にぃに
    スコティッシュフォールド♂                       2008/10/12 東京都生まれ

  • ❤ドリーム
    スコティッシュフォールド ♂                                       2009/2/23 東京都生まれ

         
  • ❤ボス
    スコティッシュフォールド゙ ♂                                     2009/2/23 東京都生まれ

  • ❤ぽん
    スコティッシュフォールド ♂                                    2009/11/20 東京都生まれ

  • ❤まるこ
    ブリティッシュショートヘアー ♀                             2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤さくら
    ブリティッシュショートヘアー ♀                       2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤ピエール
    ブリティッシュショートヘアー ♂                                  2012/3/30 和歌山県生まれ

いくつになったの?