プロフィール

  • 記事投稿者
    るみぽん(東京都在住のぐうたら主婦)
  • 家族
    旦那、猫7匹(スコティッシュフォールド4匹とブリティッシュショートヘア3匹)
  • 好きなこと
    登山→温泉→ご褒美のビール、旅客機鑑賞、エアーバンド、いろいろな国の音楽探し
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

World Vision

JAVA

今、心に響く言葉

  • 傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす(イザヤ書)
  • 神のなさることは、すべて時にかなって美しい(伝道書)
  • 主は言われる。わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。(エレミア書)
  • 恐れるな。 わたしはあなたとともにいる。 たじろぐな。 わたしがあなたの神だから。 わたしはあなたを強め、 あなたを助け、 わたしの義の右の手で、 あなたを守る。 (イザヤ書)

メッセージはこちらへ☆

  • コメント欄を閉じているときは、こちらにメッセージいただけると嬉しいです♪
無料ブログはココログ

2018年8月24日 (金)

ダイナミックな磐梯山

先週末は福島の磐梯山に登ってきました。

磐梯山は噴火警戒レベル1に設定されています。

活火山は避けたいと思っていたけど、登りたいと思っている山はほとんどが活火山。

毎回悩みます。


猪苗代湖の道の駅から眺めた磐梯山。

猪苗代湖側から見ると、火山とは思えないくらいに穏やかな山容です。

P1090339


登山口が何ヶ所かありますが、私達は人が少なさそうな裏磐梯から登りました。

裏磐梯側から見る磐梯山は猪苗代湖側とは全く違い、火山の荒々しい山肌を見ること

ができます。


銅沼からの眺め。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、噴気があちこちからあがっています。

P1090351

樹林帯の中は今にも熊が出てきそうな雰囲気だったので、カセットテープの音楽を

大音量で流していました。

いまだにカセットテープなんて、我が家にはほとんど残っていなかったのですが、

その中からたまたま手に取ったのがCASIOPEAのテープでした。

はたしてカシオペアの音楽で熊は逃げてくれるのだろうかcoldsweats01

逆に熊が小躍りして喜んで出てきそうな効果音のはいった音楽がありました。

熊に遭いたくないなら、力を込めて歌いあげる演歌の方がよさそう。

次回の熊対策のために、どこかで演歌のテープをゲットしておこう。

北島三郎か鳥羽一郎か吉幾三あたり・・・たぶん五木ひろしはダメだと思うsmile


山頂直下の山小屋付近から桧原湖を見下ろします。

桧原湖の右隣の樹林帯らしきところには五色沼が隠れています。

P1090374

磐梯山山頂からは猪苗代湖を見下ろせます。

雲がかかっていて全景が見えなかったけど、猪苗代湖の大きさに感動しました。

P1090405

下山途中の景色です。

右の下界には田んぼが見えます。

P1090429

櫛ヶ峰、かっこいいsign03

磐梯山は山頂まで登って360度の大展望を楽しむ山ですが、

櫛ヶ峰は山自体を鑑賞して愛でる山かもしれません。

P1090438

登る時に立ち寄った銅沼

P1090442



花と櫛ヶ峰

P1090447

櫛ヶ峰の写真を何枚も撮ってしまいました。

残念ながら、この山には登ることはできません。

山肌をよく見ると、いかにも火山という感じがして危険そうです。

この山域のどこで噴火したのかはわかりませんが、ずっと硫黄の香りがプンプン

漂ってました。

P1090450

磐梯山の裏側。

この日もまた猪瀬直樹風に「ダイナミックsign03」と大声で叫んでみました。

私には「ヤッホー」の代わりなのかもしれません。

今回は周りに人がいないことを確認してからにしました。

P1090460

下山路から見上げた磐梯山

P1090468
稜線歩きはここまでで、そろそろ山の斜面を下る道にはいります。

下を見ると勾配がかなり急です。

膝が痛い時は下れないかもしれないと、ちょっと不安になりました。

P1090470_2

さあ、下ります!

この景色を目に焼き付けます。

P1090482

櫛ヶ峰の山肌を見ると、異なる地層が重なっています。

きっと地層マニアにはたまらないはずですhappy01

急下降の下山路であることを忘れ、うっかり地層に見とれてしまいました。

地図には「足元注意 ガレ場」と書かれていたので、旦那には気をつけるようにと

偉そうに警告したばかりなのに、私が派手にザザザーッ、ゴロゴロゴロと滑り転げて

しまいました。その時から数日経ってるのに、傷がまだ痛みます。

「登山の勲章だ」って笑い話で済ませましたが、やっぱり山は油断大敵ですsmile

P1090488

噴気口分岐まで下りてきました。

噴気口・・・今更ですが、なんだか怖くなってきました。



P1090493

駐車場が近づいてきました。

爽やかな風に秋の気配を感じました。

P1090508_2

遠くに見えるのは西吾妻山あたりかな?

この山にもいつか登りたいです。

P1090510

下山後は、五色沼にも寄ってみました。

五色沼は秋の方が良さそうですが、るり沼は美しかったです。

P1090515

ぐるりと眺めた景色撮ってみました。

今回は再生できると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回もコメント欄はお休みです。

仕事から帰ってくるとバタンキューしてしまいます。

早く涼しくならないかな~。

2018年8月11日 (土)

夏休み

ようやく夏休みにはいりましたhappy02

今日は山の日です。

この時期の山はどこも混んでるんだろうな。

というわけで、私達の夏休みは家で過ごすことにしました。

買い置きしておいた本、ようやくゆっくり読めそうですhappy01


ぽんちゃん、掃除に協力してくれるのかな?

それが嫌ならルンバに乗る猫になってほしいんだけどnote

Photo_2

なんてダメか・・・

ルンバ猫には程遠いようですsmile

2_2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今夜はテレビで山の番組が多いので楽しみですsign03

先日は北八ヶ岳の天狗岳に登ってきました。

P1090302

ここは何度も登ったことのある山なのであまり写真を撮ってません。

今回はふたりで離れて歩いて、無線での会話を楽しんでみました。


P1090318

下山は「にゅう」という所を経由しました。

P1090333

いったい何故「にゅう」になったのか・・・

「にゅう」と聞いて、ニックニューサを思い出したのは私だけかな(笑)


今回もコメント欄はお休みします。

2018年8月 8日 (水)

ベルベット巻機山

先月末の金曜日、有給休暇をもらって新潟の巻機山に登ってきました。

せっかくの有給だったので、本当は北アルプス方面に行くつもりだったのですが、

台風の影響を受けそうだったので、天気が良さそうな新潟方面に予定を変更しました。

巻機山は百名山ですが、あまり知られていないかもしれません。

でもなぜ知られていないのかわからないくらい良い山でした。


樹林帯の登りは辛くても、稜線上に出るとこの景色sign03

辛さを忘れて飛び跳ねるように歩きます。

P1090107

どこまでも続く広い草原。

鳥になってこの上を飛んでみたい!

Dsc_1429

歩いてきた道を振り返る。

池塘が空を見つめている。

Dsc_1427_3
この池塘はイギリスのおばけテリオットが笑ってるみたいhappy01



P1090136

そよ風に揺れる草原は、まるでベルベットの絨毯

P1090138

巻機山の向こうの牛ヶ岳まで行ってみる。

巻機山から往復で1時間もかかるのだけど、ほとんどアップダウンがないので

散歩しているみたいな感じ。

P1090142

遠くの山はどこだろう?いつもは地図で調べるのだけど、

涼しいそよ風の中の散歩で、心身共にリラックスしすぎて そんなことはどうでもよくなって

しまった。

P1090145

夏なのに雪がまだ残っている。

P1090149

ニッコウキスゲ

P1090157
ベルベットグリーンの山は柔らかくて気持ち良さそう。

空を飛ぶのもいいけど、なだらかな斜面を段ボールに乗って滑り降りてみたい。

転げ落ちても痛くなさそうに見える。

P1090161

八海山方面。

八海山の核心部は危険ルートの連続。

数年前のことだが、さあこれから核心部にチャレンジするぞっていう時に、

突然雷が鳴り雨も降り出したので、仕方なくあきらめて下山することになった。

悔しい思いをしたけど、今思ってみると核心部に行けなくてよかった。

私達には難易度が高すぎだった。

雨で私達をセーブしてくれたことに感謝(o^-^o)



P1090166

魚沼の町を見下ろす。

コシヒカリの米をおなかいっぱい食べたい!

P1090169

ベルベットグリーンの草原にはもちろん小さな花がたくさん咲いていた。

ハクサンフウロやハクサンコザクラなど。

この花はなんだろう?

P1090182

下界から雲がどんどん湧き上がって登ってくる。

P1090183

さすが夏の山sign01

この雲の量が増えてくる午後には天気が悪くなることもある。

P1090185


点在する池塘は憩いの水辺。

ここは私達に与えられた癒しの場所であると同時に、

みんなの願いを聞きつけて忙しく走り回る神様もホッと一息つける場所。

P1090190

巻機山まで戻ってきたら、隣の割引岳へ。

「割引」という文字を見て、セール品や訳あり商品が大好きな旦那はものすごく

はしゃいでいた。この山の名前を間違えて「半額岳」と覚えてしまったsmile

旦那の割引岳登頂記念写真、ちゃんと撮ってあげればよかった。

P1090196

名残惜しいけど、ゆっくりと下山。

帰りもスイスアルプスのような雄大な景色にのんびりと癒された。

P1090229

下山後、車の中から撮った巻機山と割引山。

リピーター登山したい山でした。

親しみを込めて巻機山をマッキーと呼んでます。

P1090241_2



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントお休みさせていただきます。

2018年7月13日 (金)

やっぱりおっさんは・・・

暑い・・・

今からこんなに暑いなんて、8月はどうなっちゃうんだろう。

でも、どんなに暑くても、このふたりはべったりです。

おっさんとボスの恋(?)は始まったばかりcoldsweats01

Dsc_13401_2


今日の昼、こっそりおやつを食べようと思ったところ、ピエールがやってきましたhappy01

Dsc_12791

ピーが食べられるものではないのにな・・・

Dsc_12781

 

落ち着いて食べたかったけど、ピーが妨害するので、スタンディングで食べました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

レバノンで人気の歌手Hiba Tawajiです。

映画を観ているような感じで見れる動画です。やや不自然なところもあるけどsmile

撮影地はどこだろう?

海沿いのドライブシーン、海は地中海だと勝手に思い込んでいますnote

車はこちらでは見たことがないようなおしゃれな感じです。

きっと脳内旅行できますgood

2018年6月30日 (土)

燕岳でテント泊②

翌朝、4時半くらいです。

晴れてます。

109
ご来光をじっくりと眺めます。

110

まだ眠りの中にある山々をそっと起こすかのように、雲の布団がゆっくりと

はがれていきます。

この雄大で穏やかな景色を心の写真機に焼き付けるために身動きもせずに

じーっと眺めていたら、なんと突然「おはよう!」と目を覚ました山が。

浅間山です。

静かな噴煙をあげて「僕、一番起きだよ!」って密かに得意気になっているような

気がします。

遠くから眺めてるからかもしれないけど、可愛い主張に見えます。

111

朝陽が顔を出すと、先輩が手を合わせていました。

初詣っぽい(笑)

1111

他の人たちも感動のため息をもらしていました。

1112

二度と同じ瞬間はありません。

1113

槍ヶ岳にも朝陽が当たり始めました。

1114_2

槍にズームイン!

モルゲンロートです。

112

燕岳方面はまだちょっと暗いかな。

113

そしてまた槍を眺めると、先ほどよりもさらに明るくなってきました。

114

朝陽が登りきる前の美しい景色、何枚も写真を撮りました。

115

すべての山々が眠りから覚めて、完全に朝を迎えました。

槍ヶ岳は多くの登山者を迎え入れる準備を整えたようです。

116

私たちは、朝ごはん前に燕岳に登ることにしました。

往復で1時間くらいです。

117

白砂ビーチのような登山道、のんびりと散歩気分です。

海の中からジャンプするイルカのように見えます。

イルカ岩として知られています。

118

コマクサも咲き始めました。

119

岩がハクサンイチゲのブーケを抱えています。

1191

燕岳山頂から北燕岳方面

120

そして、何度も見てしまう槍ヶ岳

121

わかりにくいかもしれませんが、裏銀座コースの山々に雲の影が映っています。

122
燕岳からテン場に戻ってきてモーニングコーヒー。

インスタントだけど贅沢な味わいがします。

123
テントで朝ごはんを食べたあとは、のんびりとテントを撤収。

名残惜しいけど下山します。

124

槍ヶ岳方面を何度も見上げながら、「バイバイ、また来るからね!」と挨拶。

125

樹林帯まで下りてきたらブヨの襲撃を避けるためにハイペースで歩いたので、

テン場から2時間半くらいで中房温泉にゴールしました。


今回のテント泊登山は、雨の中の特訓登山になるかと覚悟していたのですが、

晴れてくれてよかったです。

ただ私の顔中がブヨに刺されて大変でした。

目が腫れて別人のような顔になり、鏡を見るたびに爆笑してしまいました。

今は腫れがひいたけど、まだ痒みが少し残っています。

この時期は虫対策を忘れてはいけません。


私たち夫婦は、もう北アルプスは卒業しようかと考えていたのですが、

この景色を見てしまったら、まだまだ卒業するのはもったいない!

北アルプス、やっぱり続けることにします。


最後に中房温泉で汗を流し、お昼ごはんは大好きな『ハンジロー』で。

ハンジローは数年前に鹿島槍ヶ岳の帰りに寄ったスープカレーのお店です。

私たちは野菜カレー

126

先輩はお肉がはいったカレー

1261
いつ食べてもここのスープカレーは間違いなし!

人気があるせいかお店はいつも混んでいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

燕岳山頂からのパノラマビューです。

先輩と私のうるさい会話を消すために音楽を取り込んでいます。

«燕岳でテント泊①

我が家のにゃんこ達

  • ❤にぃに
    スコティッシュフォールド♂                       2008/10/12 東京都生まれ

  • ❤ドリーム
    スコティッシュフォールド ♂                                       2009/2/23 東京都生まれ

         
  • ❤ボス
    スコティッシュフォールド゙ ♂                                     2009/2/23 東京都生まれ

  • ❤ぽん
    スコティッシュフォールド ♂                                    2009/11/20 東京都生まれ

  • ❤まるこ
    ブリティッシュショートヘアー ♀                             2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤さくら
    ブリティッシュショートヘアー ♀                       2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤ピエール
    ブリティッシュショートヘアー ♂                                  2012/3/30 和歌山県生まれ

いくつになったの?