プロフィール

  • 記事投稿者
    るみぽん(東京都在住のぐうたら主婦)
  • 家族
    旦那、猫7匹(スコティッシュフォールド4匹とブリティッシュショートヘア3匹)
  • 好きなこと
    登山→温泉→ご褒美のビール、旅客機鑑賞、エアーバンド、いろいろな国の音楽探し
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

World Vision

JAVA

今、心に響く言葉

  • 傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす(イザヤ書)
  • 神のなさることは、すべて時にかなって美しい(伝道書)
  • 主は言われる。わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。(エレミア書)
  • 恐れるな。 わたしはあなたとともにいる。 たじろぐな。 わたしがあなたの神だから。 わたしはあなたを強め、 あなたを助け、 わたしの義の右の手で、 あなたを守る。 (イザヤ書)
無料ブログはココログ

2018年10月 9日 (火)

お知らせ

しばらくの間ブログをお休みします。

家をリフォームするので、数ヶ月間、今のところから離れて仮住まいすることになりました。

猫7匹だとなかなか貸してくれるところが少ないので、家探しをしてくれる業者の方には

苦労をおかけしました。

ショッピングモールに近い便利な場所も提案してくれたのですが、私達の要望で

猫ファーストにできることを考えてくれて、窓から自然の景色が楽しめたり鳥のさえずりが

聞こえてきそうな静かなところを探してきてくれました。

農家の方がオーナーの広い敷地内にある古民家で、別荘的でちょっとした田舎暮らしが

楽しめそうです。

近所にコンビニがあるわけではなく、多少不便ですが、私達の通勤にまったく問題は

ありません。

猫たちを住まわせようと思っている2階の部屋は眺めが抜群で日当たり良好です。

1階には和室が多く、襖を外してつなげると大宴会ができそうなくらいの広さです。

自分が子供だったら枕投げして遊びたくなる広さです。

縁側も広くて日向ぼっこしながらの昼寝ができそうです。

ただし工事をしないとインターネットは使えない状態です。

スマホ等はつながるのですが、なんせ電波の悪いところのようなので・・・coldsweats01

そういうわけなのでブログをお休みさせていただきます。

来春にはブログ再開できると思います。

みなさま、どうぞお元気でお過ごしください(o^-^o)

2018年9月28日 (金)

月山

月山に登ってきました。

月山があるのは山形県、さすがに遠かったです。

この先しばらくは登山に行けなくなりそうなので、おもいっきり遠くに行ってみようということ

になったのです。

東京からの移動日はあまり天気がよくなかったのですが、登山当日は晴れました。

東京に一番近い登山口、月山スキー場のある姥沢からの登山です。


登り始めると、下界は晴れていたのに、見上げると月山は雲に覆われていました。

P1090551

登るにつれて今にも雲に包まれてしまいそうでした。

雲の中のもやもやとした登山になるのかと少しがっかりしていましたが・・・

P1090558

旦那が「俺が今祈ったから絶対晴れるぞ!」と私を励ましてくれました。

不思議なことに、このタイミングで頭上の重たそうな雲が見る見るうちに薄くなり

晴れてきましたhappy01


どんどん雲が離れて青空が広がってきたので、いつも辛いはずの登りが楽しくなりました。

振り返ると雄大な景色が広がります。

P1090586
月山、ここまで素晴らしいとは正直思ってもいませんでした。

東北の山、でっかいsign03

P1090593
山頂に到着しました。

だだっ広い山頂の奥の方に、モンサンミッシェルのようなものが見えます。

P1090595_2
近づいてみます。

雲海の上に浮かぶ佇まいが、やっぱりモンサンミッシェルっぽい。

P1090639

月山のモンサンミッシェルの正体は月山神社です。

P1090609
せっかくなので中に入らせていただきました。

月山の山頂は場所によってはかなりの強風が吹くので、

吹き飛ばされないように、祠等いろいろなものがロープで固定されていました。

P1090611_2
神社を出てからは、360度大展望の景色をゆっくりと楽しみます。

蔵王側の景色です。

P1090614
山の上というより、広大な草原の大地。

なだらかな斜面には小川や池塘らしきものが見えます。

P1090619_2
日本海側の景色です。

画像ではわかりませんが、肉眼ではうっすらと日本海が見えました。

吹き上げてくる風が強くて、すっかり体が冷え切ってしまいました。

P1090631

おまんじゅうやチョコレートでエネルギー補給をしながら、下山開始です。

P1090644

本格的な紅葉はこれからですが、赤、オレンジ、黄色、さまざまな色合いが

目と心にビタミンを与えてくれます。

P1090645

P1090651
私の大好きな池塘も見えてきました。

ずっと見ていると、池塘のほとりでティータイムしているような気分になります。

P1090656
すれ違う登山者が少しずつ増えてきました。

P1090663
月山山頂を振り返ります。

P1090679
姥沢岳です。

この山を通過して下山リフトに向かいます。

P1090680
庄内平野方面

P1090687
庄内平野、この画像ならわかるかな?

P1090691
ベルベットの絨毯のような斜面。

段ボールを敷いて滑り下りるのを想像して楽しくなります。

P1090695
もうリフトの近くまでやってきました。

P1090708
リンドウが咲くのはこれから

P1090714

月山は思っていた以上に素晴らしい山でした。

今まで登ってきた山よりもはるかに大きくてゆったりしていました。

旦那の好きな山ベスト3にはいっているそうです。


P1090723

月山は、例えるならば母のような大きな存在で、微笑みながら、

腕を広げてゆったりと柔らかくみんなを包み優しく守ってくれています。

いつかまた月山の腕に抱かれながら登りたいな~。

東京からは遠すぎだけど、ゆっくりと休みが取れそうな時には是非・・・(o^-^o)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にゃん達、みんな元気にやっています。

涼しくなってきたのでドタバタうるさいですsmile

そのうち写真撮ったら更新しますnote

2018年8月24日 (金)

ダイナミックな磐梯山

先週末は福島の磐梯山に登ってきました。

磐梯山は噴火警戒レベル1に設定されています。

活火山は避けたいと思っていたけど、登りたいと思っている山はほとんどが活火山。

毎回悩みます。


猪苗代湖の道の駅から眺めた磐梯山。

猪苗代湖側から見ると、火山とは思えないくらいに穏やかな山容です。

P1090339


登山口が何ヶ所かありますが、私達は人が少なさそうな裏磐梯から登りました。

裏磐梯側から見る磐梯山は猪苗代湖側とは全く違い、火山の荒々しい山肌を見ること

ができます。


銅沼からの眺め。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、噴気があちこちからあがっています。

P1090351

樹林帯の中は今にも熊が出てきそうな雰囲気だったので、カセットテープの音楽を

大音量で流していました。

いまだにカセットテープなんて、我が家にはほとんど残っていなかったのですが、

その中からたまたま手に取ったのがCASIOPEAのテープでした。

はたしてカシオペアの音楽で熊は逃げてくれるのだろうかcoldsweats01

逆に熊が小躍りして喜んで出てきそうな効果音のはいった音楽がありました。

熊に遭いたくないなら、力を込めて歌いあげる演歌の方がよさそう。

次回の熊対策のために、どこかで演歌のテープをゲットしておこう。

北島三郎か鳥羽一郎か吉幾三あたり・・・たぶん五木ひろしはダメだと思うsmile


山頂直下の山小屋付近から桧原湖を見下ろします。

桧原湖の右隣の樹林帯らしきところには五色沼が隠れています。

P1090374

磐梯山山頂からは猪苗代湖を見下ろせます。

雲がかかっていて全景が見えなかったけど、猪苗代湖の大きさに感動しました。

P1090405

下山途中の景色です。

右の下界には田んぼが見えます。

P1090429

櫛ヶ峰、かっこいいsign03

磐梯山は山頂まで登って360度の大展望を楽しむ山ですが、

櫛ヶ峰は山自体を鑑賞して愛でる山かもしれません。

P1090438

登る時に立ち寄った銅沼

P1090442



花と櫛ヶ峰

P1090447

櫛ヶ峰の写真を何枚も撮ってしまいました。

残念ながら、この山には登ることはできません。

山肌をよく見ると、いかにも火山という感じがして危険そうです。

この山域のどこで噴火したのかはわかりませんが、ずっと硫黄の香りがプンプン

漂ってました。

P1090450

磐梯山の裏側。

この日もまた猪瀬直樹風に「ダイナミックsign03」と大声で叫んでみました。

私には「ヤッホー」の代わりなのかもしれません。

今回は周りに人がいないことを確認してからにしました。

P1090460

下山路から見上げた磐梯山

P1090468
稜線歩きはここまでで、そろそろ山の斜面を下る道にはいります。

下を見ると勾配がかなり急です。

膝が痛い時は下れないかもしれないと、ちょっと不安になりました。

P1090470_2

さあ、下ります!

この景色を目に焼き付けます。

P1090482

櫛ヶ峰の山肌を見ると、異なる地層が重なっています。

きっと地層マニアにはたまらないはずですhappy01

急下降の下山路であることを忘れ、うっかり地層に見とれてしまいました。

地図には「足元注意 ガレ場」と書かれていたので、旦那には気をつけるようにと

偉そうに警告したばかりなのに、私が派手にザザザーッ、ゴロゴロゴロと滑り転げて

しまいました。その時から数日経ってるのに、傷がまだ痛みます。

「登山の勲章だ」って笑い話で済ませましたが、やっぱり山は油断大敵ですsmile

P1090488

噴気口分岐まで下りてきました。

噴気口・・・今更ですが、なんだか怖くなってきました。



P1090493

駐車場が近づいてきました。

爽やかな風に秋の気配を感じました。

P1090508_2

遠くに見えるのは西吾妻山あたりかな?

この山にもいつか登りたいです。

P1090510

下山後は、五色沼にも寄ってみました。

五色沼は秋の方が良さそうですが、るり沼は美しかったです。

P1090515

ぐるりと眺めた景色撮ってみました。

今回は再生できると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回もコメント欄はお休みです。

仕事から帰ってくるとバタンキューしてしまいます。

早く涼しくならないかな~。

2018年8月11日 (土)

夏休み

ようやく夏休みにはいりましたhappy02

今日は山の日です。

この時期の山はどこも混んでるんだろうな。

というわけで、私達の夏休みは家で過ごすことにしました。

買い置きしておいた本、ようやくゆっくり読めそうですhappy01


ぽんちゃん、掃除に協力してくれるのかな?

それが嫌ならルンバに乗る猫になってほしいんだけどnote

Photo_2

なんてダメか・・・

ルンバ猫には程遠いようですsmile

2_2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今夜はテレビで山の番組が多いので楽しみですsign03

先日は北八ヶ岳の天狗岳に登ってきました。

P1090302

ここは何度も登ったことのある山なのであまり写真を撮ってません。

今回はふたりで離れて歩いて、無線での会話を楽しんでみました。


P1090318

下山は「にゅう」という所を経由しました。

P1090333

いったい何故「にゅう」になったのか・・・

「にゅう」と聞いて、ニックニューサを思い出したのは私だけかな(笑)


今回もコメント欄はお休みします。

2018年8月 8日 (水)

ベルベット巻機山

先月末の金曜日、有給休暇をもらって新潟の巻機山に登ってきました。

せっかくの有給だったので、本当は北アルプス方面に行くつもりだったのですが、

台風の影響を受けそうだったので、天気が良さそうな新潟方面に予定を変更しました。

巻機山は百名山ですが、あまり知られていないかもしれません。

でもなぜ知られていないのかわからないくらい良い山でした。


樹林帯の登りは辛くても、稜線上に出るとこの景色sign03

辛さを忘れて飛び跳ねるように歩きます。

P1090107

どこまでも続く広い草原。

鳥になってこの上を飛んでみたい!

Dsc_1429

歩いてきた道を振り返る。

池塘が空を見つめている。

Dsc_1427_3
この池塘はイギリスのおばけテリオットが笑ってるみたいhappy01



P1090136

そよ風に揺れる草原は、まるでベルベットの絨毯

P1090138

巻機山の向こうの牛ヶ岳まで行ってみる。

巻機山から往復で1時間もかかるのだけど、ほとんどアップダウンがないので

散歩しているみたいな感じ。

P1090142

遠くの山はどこだろう?いつもは地図で調べるのだけど、

涼しいそよ風の中の散歩で、心身共にリラックスしすぎて そんなことはどうでもよくなって

しまった。

P1090145

夏なのに雪がまだ残っている。

P1090149

ニッコウキスゲ

P1090157
ベルベットグリーンの山は柔らかくて気持ち良さそう。

空を飛ぶのもいいけど、なだらかな斜面を段ボールに乗って滑り降りてみたい。

転げ落ちても痛くなさそうに見える。

P1090161

八海山方面。

八海山の核心部は危険ルートの連続。

数年前のことだが、さあこれから核心部にチャレンジするぞっていう時に、

突然雷が鳴り雨も降り出したので、仕方なくあきらめて下山することになった。

悔しい思いをしたけど、今思ってみると核心部に行けなくてよかった。

私達には難易度が高すぎだった。

雨で私達をセーブしてくれたことに感謝(o^-^o)



P1090166

魚沼の町を見下ろす。

コシヒカリの米をおなかいっぱい食べたい!

P1090169

ベルベットグリーンの草原にはもちろん小さな花がたくさん咲いていた。

ハクサンフウロやハクサンコザクラなど。

この花はなんだろう?

P1090182

下界から雲がどんどん湧き上がって登ってくる。

P1090183

さすが夏の山sign01

この雲の量が増えてくる午後には天気が悪くなることもある。

P1090185


点在する池塘は憩いの水辺。

ここは私達に与えられた癒しの場所であると同時に、

みんなの願いを聞きつけて忙しく走り回る神様もホッと一息つける場所。

P1090190

巻機山まで戻ってきたら、隣の割引岳へ。

「割引」という文字を見て、セール品や訳あり商品が大好きな旦那はものすごく

はしゃいでいた。この山の名前を間違えて「半額岳」と覚えてしまったsmile

旦那の割引岳登頂記念写真、ちゃんと撮ってあげればよかった。

P1090196

名残惜しいけど、ゆっくりと下山。

帰りもスイスアルプスのような雄大な景色にのんびりと癒された。

P1090229

下山後、車の中から撮った巻機山と割引山。

リピーター登山したい山でした。

親しみを込めて巻機山をマッキーと呼んでます。

P1090241_2



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントお休みさせていただきます。

«やっぱりおっさんは・・・

我が家のにゃんこ達

  • ❤にぃに
    スコティッシュフォールド♂                       2008/10/12 東京都生まれ

  • ❤ドリーム
    スコティッシュフォールド ♂                                       2009/2/23 東京都生まれ

         
  • ❤ボス
    スコティッシュフォールド゙ ♂                                     2009/2/23 東京都生まれ

  • ❤ぽん
    スコティッシュフォールド ♂                                    2009/11/20 東京都生まれ

  • ❤まるこ
    ブリティッシュショートヘアー ♀                             2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤さくら
    ブリティッシュショートヘアー ♀                       2011/3/24 和歌山県生まれ

  • ❤ピエール
    ブリティッシュショートヘアー ♂                                  2012/3/30 和歌山県生まれ

いくつになったの?